【雑感】使っている取引所Zaifから仮想通貨が流出したらしい

【雑感】使っている取引所Zaifから仮想通貨が流出したらしい

試しに手を出してみた仮想通貨ですが、先日のニュースでZaifという仮想通貨取引所から仮想通貨が流出したというニュースがありました。その額約70億円とのこと。

ハッキングが行われる前日に「賠償責任は一切負わない」旨の利用規約改訂も行われていたとのことで、いろいろと批判がありそうな状態です。前回のコインチェックのXEM(ネム)が流出した時(この時は被害約580億円)は、他人事で「やっぱり仮想通貨は危ないな」なんて思いながら静観していました。ですが今回は自分が利用している取引所で起きましたので、注目しないわけにはいきません。ただ、運用に2万円しか投入していないせいもあり、なんだか当事者になれてちょっとうれしいような、時代の流れに参加できたかのような感覚がありました。ほんとに、他人事と当事者では感覚が違いますね。人生そのものの考え方に対して良い教訓になりそうです。

流出についてはまだいろいろと調べているようですが、自分のアカウントを見る限り、ビットコインも無事に残高表示されてます。ほかの人もこのように表示されて、単に出金ができない状態なのでしょうか?

私はETH(イーサリアム)を厚めに保有していたのでなおさら被害があったとしても小さいです。ただ今、Zaif口座での入金等ができなくなっているようで、この不便さはイヤでしょうね。買いたいときに買えないとは。

 

さて、この一連のニュースをみて、外野にいる人たちが「それ見たことか!仮想通貨は危ないんだよ!」なんて声高に叫んでいます。何もしていないのに誇らしげに語っています。なんなら「現金が一番」みたいに言っている人もいます。

 

ここでちょっと考えてみました。

 

私も最初は「まだ仮想通貨は危ないのかな」なんて思いましたが、よく考えてみると、起きたことって単に仮想通貨があるべきところからなくなっただけなんですよね。誰かの財産がなくなったと捉えればそれは確かに問題なのかもしれませんが、形のない仮想通貨(いわゆる数字)が消えただけで、誰かが殺されたりしたわけではないんですよね。安全第一という言葉を引き合いに出せば、災害ゼロなわけです。

金額の大小はあれど、これが”売上金を運んでいた人が襲われて現金を奪われた”というニュースがあったとして、これを見て「だから現金は危ないんだよ!」という人はいるでしょうか?むしろ「金品を奪う犯罪者許せん!被害者かわいそう」みたいになると思うんですよね。悪者の対象が変わってしまうだけです。本来こっちのほうが正しい感覚だとは思いますが。

人の身になって考えると、仮想通貨を持っているより現金を持っているほうがよっぽど危険なのかもしれませんね。実際に私がカツアゲにあったら、「金はくれてやるから傷つけないでくれ」って心で思いますものね。身の安全第一です。

 

こう思ってみると、確かにまだまだ仮想通貨はセキュリティの面で不安はあるのかもしれないけれど、そこを克服さえすれば、いろんな意味で安全な通貨(=価値交換の媒体)になりうるのだと思うようになりました。現金持ってるほうが危ないですよね、このご時世。

くどいかもしれませんが、一軒家の火事が起きても”火”そのものを悪者扱いする人はいないでしょうが、原発に不具合があると原子力そのものを一斉に批判します。たとえ失敗をしたとしても、そこから学び武器を使いこなす術を考え、実行することが技術の進歩につながり、ひいては過ごしやすい・豊かな生活につながるのだと私は思います。

同じように、この仮想通貨流出の事件も、規制を強化して潰しに行くのではなくて、より使い勝手が良くなるように改良していくように社会が動いていけばよいと思います。そのためにも新規参入をどんどん認めて仮想通貨市場が活性化することがまずは大事だと思います。昔の携帯端末メーカーのように、競った挙句、絶対的なアップルのような素晴らしい武器を作り上げたメーカーが生き残り、その恩恵に消費者があやかれるのだと思います。結局得をするのは消費者なんですよね。そこを履き違えちゃいけないと思います。

さて、今回のZaifの流出を受け、仮想通貨市場がどのような変遷を遂げるでしょうか。お金が増えた減ったに一喜一憂するのではなく、新しい時代への移り変わりを見届けることに楽しみを覚えたいと思います。

こうやって気楽に構えていられるのも、少額(余裕資金)で運用していたからです。投資・投機の基本ですね。この点も改めて身に沁みました。

 

実際に仮想通貨の流出で被害を受けた方がいましたらすみません。個人の勝手な感想です。

雑記カテゴリの最新記事